十和田湖レークサイドホテル 周辺観光のご案内 TOPに戻る
ごあいさつ お料理のご案内 プランのご案内 ご予約 空室状況
交通のご案内 周辺観光のご案内 おかみの日記 カントリーロード 十和田湖珈琲物語 ボートハウス
十和田湖−陥没した火口にできたカルデラ湖は327mの深度

十和田八幡平国立公園の中心である十和田湖は秋田、青森両県にまたがり、周囲44km、水深327mで日本第3位の深さです。
透明度12.5mの紺碧の湖水の色は、どこまでも深く吸い込まれるような美しさです。
また最近ではウインドサーフィンなどのマリンスポーツのメッカとしても注目 されています。
十和田湖の紅葉

十和田湖の紅葉はすばらしく、シーズンになると多くのお客様が訪れます。
10月中旬が一番のピークとなり、奥入瀬から十和田湖、発荷峠まで紅の絨毯を敷き詰めたようです。
まさに「錦秋の東北」を心ゆくまでお楽しみ頂けます。
冬の十和田湖

冬の十和田湖にはグリーンシーズンとは全く違う荘厳な美しさがあります。
かつては訪れる人もほとんどいませんでしたが、現在では道路の除雪体制も整い、どなたでも息をのむ美しさを味わっていただけるようになりました。
乙女の像 ---十和田湖のシンボル ---

白浜が美しい御前が浜の北端に立つ乙女の像。
高村光太郎の最後の作品とし て有名な像です。
元々は一つのブロンズの塊から2人に分割したもので、一説によると一卵性双生児がモデルとも言われています。

また裏手には十和田神社があります。この神社は807年坂上田村麻呂によって建てられたと伝えられ、日本武尊が祭られています。
発荷峠展望台 --- 十和田湖一の美しい眺め ---

国道103号と樹海ラインの合流点近くにある発荷峠(はっかとうげ)展望台。
数ある展望台 の中でももっとも美しい十和田湖が眺められると言われている観光名所です。
湖面からの高さは約250m。右手に中山・御倉半島、左手は美しい湖面を眺められます。また遠く湖の先には八甲田山の姿を眺めることができます。
奥入瀬渓流

大町桂月によってその名を全国に知らしめた奥入瀬渓流。
十和田湖の子の口 から十和田市方面に向かって流れ出る清流の流れは石ヶ戸(いしげど)まで約9km。

途中いくつもの滝を両側に眺めながらの散策が可能です(所要時間 約3時間 30分)。

新緑や紅葉の時期の奥入瀬渓流は特に美しく、多くの旅人が訪れます。子の口にはレンタサイクルもございますので自転車での散策も可能です。
十和田湖レークサイドホテル 〒018-5501 青森県十和田市十和田湖畔休屋 TEL.0176-75-2336 FAX.0176-75-2806